次ハワイでは「地球に優しい日焼け止め」を使いましょう☀



Aloha🤙🏽✨
前回の記事「bikiの強い味方!自転車通路「BIKE ROUTE(バイクルート)」をご紹介🚴‍♀️」では、bikiに乗って楽しむハワイ実践編の第1弾として、バイクルート設置の背景や主なスポットについて特集しました。

今回はその第2弾として、bikiやハワイを楽しむ際の必需品である「日焼け止め」についてご紹介します🏖☀ハワイの海に優しい日焼け止めで、bikiろう!🌈🚲



1.21年1月、サンスクリーン法が施行されました



2021年1月1日、ハワイ州では「サンスクリーン法」という新たな法律が施行されました⚠⛱これはハワイの海を守ることを目的とした法律で、指定禁止成分を含む日焼け止めの流通を禁止するというものです。




2.施行の理由は「サンゴの死」


この日焼け止め法が施行された背景には、「サンゴの白化現象」が挙げられます。サンゴの白化現象とは、サンゴが健全に生きていく上で必要な存在である「褐虫藻」という植物プランクトンがいなくなり骨格が見えてしまっている状態で、これは“サンゴの死”を意味します😢

サンゴ礁の壊滅という問題は、サンゴ礁そのものが失われるだけに留まりません。サンゴ礁には約30%もの海の生物が生息していることから、サンゴ礁の壊滅はそこに住む生き物の絶滅を意味し、海の生態系の崩壊にもつながる深刻な問題をもはらんでいることから、現在世界中でサンゴ礁の保全活動が進められています。

アメリカ海洋大気庁(NOAA)の調査によると、現在ハワイ州内では、ハワイ島で56%、マウイ島で44%、オアフ島で32%ものサンゴ礁の白化が報告されています🔎サンゴの白化には複合的な要因がありますが、その中の大きな原因のひとつに日焼け止めに含まれる有毒な化学物質が挙げられます。調査によると、世界中で年間約14,000トンもの日焼け止めが、ビーチやお風呂などの生活排水から海に流れ出ていると言われ、現在ハワイの他にも「パラオ」「カリブ海ボネール島」「フロリダ」など、世界のビーチリゾートを中心に有害物質を含む日焼け止めの禁止が進められています。



3.どんな日焼け止めが禁止なの?



では、どんな日焼け止めが禁止されているのでしょうか?

これは対象の地域によりルールが異なりますが、ハワイ州では、サンゴの白化現象のみならず、DNAや繁殖活動にまで悪影響を与えるといわれている「オキシベンゾン」と「オクチノキサート」という2つの成分が含まれる日焼け止めを禁止の対象としました(パラオでは、指定する10の成分が含まれる商品の持ち込みを禁止の対象にしています)。

しかしこれらの成分は、残念ながら現時点において日本で販売されている多くの日焼け止め製品に含まれています。



4.ハワイの海を守るために、私たちにできること



ハワイのサンゴや海はもちろん、地球を守るために私たちにできること。それは禁止成分に限らず、できる限り有害化学物質成分の含まれていない自然素材で作られた日焼け止めを使うことです😊

使用されている素材は製品裏面で確認することができます。また商品パッケージに「Reef Free」や「Reef Friendly」「Reef Safe」という記載がされていることも多いので、気を付けてみてみましょう🌈



5.ハワイ発!ナチュラル日焼け止め3選😎👙

海に優しい日焼け止めは、ハワイのローカルブランドからも誕生しています。その中でもおすすめの主な3つのブランドをご紹介します🌞


🌞CocoAloha Surf🌞


"CocoAloha Surf"は、肝斑(皮膚にできる色素異常症)を患ったサーファーの女性によって創設されました。この30年間で世界中の海のサンゴが半分になってしまったことへの対策として、肌にも環境にも優しい商品を提供すべく、製品はすべてオーガニック素材で作られています。赤ちゃんにも安心してお使いいただけます👶




🌞ONE LOVE BODY SOUL🌞


マウイ島生まれの"ONE LOVE BODY SOUL"は、「1% for the Planet(地球を1%良くしよう)」というコンセプトの国際組織に所属している、サンゴ礁の保全を超えた、より広くの環境問題に取り組もうと力を尽くしているブランドです🌎そのため、日焼け止めクリームそのものはもちろん、使用される容器も極力環境に負荷のかからないものにこだわっています✨また、製品化にあたり動物を殺したり傷つけたりされていないことを示す「クルエルティフリー」な製品でもあります🐰





🌞Raw Love🌞


こちらも同じくマウイ島生まれの"Raw Love"は「友達と海で泳いだり、太陽の下で冒険に出かけたりすることが好きな人のための、自然に優しい日焼け止めを作りたい」という思いから始まったブランドです。こちらも製品化にあたり、動物実験を実施していない「クルエルティフリー」であることに加え、プラスチックを使用しない「プラスチックフリー」にこだわった商品です🌎パッケージの可愛い人魚のキャラクターは、創設者Jenna Davisさんがモデルとなっています。





これまで何気なく使用していた、地球に大きな影響を与えている日焼け止め。地球に影響を与えるものは、人間の身体にも影響を与えるものでもあります。私たちひとりひとりの選択が、ハワイの美しい海や生き物、地球、さらには私たち自身をも守ることにつながります。ぜひ次のハワイでは地球に優しい日焼け止めを相棒に、bikiでホロホロしましょう!💖😎

次回は、bikiに乗って楽しむハワイの実践編第3弾「bikiに乗る時覚えておくべき!ハワイの法律や交通ルール」をお届けします✨みんなに優しい日焼け止めで、bikiろう!🌈🚲



--------------bikiカードはこちらよりお求めいただけます----------------


コメントを残す

コメントは表示される前に承認される必要があります。