ハワイの自転車bikiで行く🚲歴史・文化・芸術に触れる大人ハワイ旅🖼

「カメハメハ大王像」や「美術館」など存在は知っていても、なんとなく行くのが大変な気がして敷居の高かったダウンタウン。ハワイの自転車bikiを使えば、意外にもスルッと行けるということをご存知でしたか?🚴南の島の王国として、長い長い歴史を持つハワイ。ワイキキやアラモアナで、現代的なグルメやショッピングも楽しいけれど、歴史や文化がギュッと詰まった大人ハワイも、日本や他の国にはない魅力でいっぱい!今まで気が付けていなかった、ハワイに触れる旅に出よう♪大人ハワイと、bikiろう🚴

コース概要🚴‍♂️

所要時間:全日(biki乗車時間約30分)
予算(食事代別):$9(bikiカード:ちょい乗り60分プラン)
※bikiカードは10年間有効💳余った分数は、次回biki利用時にお使いいただけます。

ルート:Like Like Drive Inn(🚴6分)→ホノルル美術館→(🚴6分)→カメハメハ大王像→(🐾2分)→イオラニ宮殿→(🚴2分)→ハワイ州立美術館→(🚴2分)→ハワイシアター→(🚴2分)→チャイナタウン→(🚴5分)→アロハタワー→(🚴5分)→The Pig and The Lady

メモ: ワイキキからリケリケドライブインまでは、bikiで10分ほどです🚴‍♂️

9:00 オールディーズな雰囲気満載!Like Like Drive Innでモーニング🍽

オールディーズな雰囲気満載のレストラン「リケリケドライブイン」からスタート🌞🍽外観からすでにノスタルジックで趣がありカッコいいのですが、お店に一歩足を踏み入れた瞬間、それは「本物」であったということを確信する事でしょう。映画の世界にタイムスリップしたような、それでいて故郷みたいにホッとするような、なんとも不思議な居心地の良さが漂います。

オススメは…全部ですが、まずは日本人旅行者としてチェックしたいのは、やはりロコモコとサイミン🍛🍜ロコモコのライスはチャーハンにすることもできます♪コーヒーは何杯でもお替りできます☕

10:00 ホノルル美術館

1927年にアナ・ルイス・クック氏により設立された、アメリカで最も美しい美術館の一つと評される、ハワイを代表する美術館です。ハワイを含む世界中の様々な時代の、様々な国々から集められた収蔵品は、その数5万点を超えると言われています。気品がありながらも居心地がよく、かしこまらずにゆったりと美術を鑑賞できる、親しみやすい美術館です🖼

ちなみに館内に併設の「ホノルルミュージアムカフェ」は、ローカルの人にもとっても人気のカフェ。到着してすぐの朝一番に行くか(笑)、事前予約をしていくと安心です☕

11:00 カメハメハ大王像

ハワイにきたなら、やっぱり一度はご挨拶したい、ハワイ諸島を統一しハワイ王国を建国した初代王様カメハメハ大王像🌴重厚な建物を背景にキラキラと輝く、ハワイに来たことを実感することのできるスポットのひとつです💎

11:15 イオラニ宮殿

カメハメハ大王像の正面に位置する、アメリカ唯一の宮殿「アウラニ宮殿」🏰ハワイ王朝最後の邸宅で、リリウオカラニ女王が1893年のクーデターにより退位を迫られた後の8か月間幽閉されていた場所です。

リリウオカラニ女王と言えば、恐らく誰もが一度は耳にしたことのあるであろうハワイを象徴する楽曲「アロハオエ」の作者で、この幽閉されている最中に作曲され、今も大切に歌い継がれています。内部ではハワイ王族が当時使用していた家具や装飾品などが展示されています。日曜日を除く毎日11:30から、日本語ガイドによる宮殿グランドツアーが行われています(要事前予約)。

12:30 ハワイ州立美術館

イオラニ宮殿からほど近い場所にあるこの「ハワイ州立美術館」は、かつて王室のゲストハウスであった初代ロイヤルハワイアンホテルのあった場所。移民の多いハワイならではの多彩な芸術的、文化的遺産が「ハワイの遺産」、「アジア移民のルーツ」、「芸術家の社会的意識」、「伝統と価値観」、「大地や海に触発された芸術家」と6つのテーマに分かれて展示されています。

ハワイの芸術家の作品が集まる入館料無料のミュージアム。かつては陸海空軍の施設として使用されていました。そんな重工な造りの建物も、今では入口を抜けるとモロッコから贈られたというエキゾチックで可愛い噴水が出迎えてくれます。

1階にはギフトショップと、その並びには、なんとローカルが選ぶグルメアワード「ハレアイナ賞」のデザート部門で金賞を受賞した、MWレストランの姉妹店であるおしゃれなカフェ「Artizen by MW」が!美術鑑賞をした後は食の芸術鑑賞として、ハワイ産食材をふんだんに使ったランチやデザートを、こだわりのコーヒーを共にいただきましょう🍰☕

14:00 HAWAIIシアター&ダウンタウン散策

お腹も心も満たされたら、いよいよダウンタウンへ🚴
「ダウンタウン」は、ハワイの歴史と文化が残る、ホノルルの中心地。古き良きオールドハワイと多国席文化が融合した異国情緒溢れる街で、王朝時代の歴史的建造物をはじめ、これまでのハワイが歩んだ移民文化が凝縮されています。モダンさとノスタルジック、さらには西洋と東洋もが融合する、他のエリアとはまた異なる独特な雰囲気に包まれています🏰

あのオールドアメリカンなデザインが可愛い「ハワイテアトルセンター」があるのもこのダウンタウン。他にも、実力派のカフェや飲食店、セレクトショップが軒を連ねる、個性豊かな表情を持つ、とても魅力的なエリアです。

15:00 チャイナタウン散策

まるでどこでもドアをくぐり抜けたかのような、オリエンタル情緒に溢れるチャイナタウン。中国に来たかと錯覚してしまう程にCHINA!で、中華やベトナム文化が生活としてしっかり根付いていて、とってもカッコイイエリアです。でも、その「アジア」らしさは色濃く保ちながらも、ごく自然にハワイの風土に溶け込んでいるのが、このどこでもない「ハワイチャイナタウン」ならでは魅力なのかもしれません。

日本ではあまり出会う事のできない食材や雑貨が所狭しと並ぶ市場や商店を散策したら、市場のそばにある「Mickey cafe」でひと休みしましょう。オーダーにちょっと勇気が要りそうですが、ここで頂けるフレッシュジュースと不思議な形のカステラは試す価値アリです🍹

16:00 ホノルルの街のシンボル「Aloha Tower」

お腹も心も満たされたら、bikiに乗って、いよいよこのコースのハイライト「アロハタワー」へ向かいましょう!🚴

ゴシック、アールデコ調風の時計台であるオアフ島ホノルル港のシンボルアロハタワー。高さは184フィート(約56m)で、1926年に建設されて以来、長きに渡りホノルル市民から愛され続けてきました。まだ船旅が主流だった時代には、このホノルル港がハワイの表玄関であり、多くの旅行者からハワイのシンボルとして親しまれていました。このアロハタワー10階の展望台は、9時30分~17時の間無料で開放されています。展望デッキから、ホノルル市内を一望しましょう。

17:00 The Pig and The Ladyでディナー

そして本日の締めくくりは、あの!ハワイで一位二位を争う大人気レストラン「The Pig and the lady」へ。事前予約が安心です。人気メニューは、フォーとバインミー、そしてフライドチキン!🍗それぞれ美味しいのはもちろんのことながら、バインミーにフォーのスープをつけて食べると、これまた異なる美味しさなのです☆彡

食事の後は日も落ちて暗く危ないので、Uberを呼んで帰りましょう🚙…というわけで、これにてアルコールも解禁!!🍻お腹いっぱい召し上がれ♪🍽
----------------------------------------

いかがでしたか?
こじんまりした広さながらも、「モダンとノルタルジック」「多文化」の融合、そして「日中と夜」とでそれぞれ異なる表情を見せるダウンタウン。1日かけて探索できるほど魅力がいっぱい詰まっています。ただし、日が落ちると危険なエリアでもありますので、十分に注意して暗くなる前に帰りましょう🚗

レンタル自転車のように気軽に利用できるbikiで出会えるダウンタウンの楽しみ方は、このほかにもまだまだたくさんあります。ご自身にピッタリのbiki旅を見つけてみてくださいね♪🚴

コメントを残す

コメントは表示される前に承認される必要があります。