Taste of Hawai'i: File No.033 ライオンコーヒー「バニラマカダミア3種比較」 by Bitsu

 
 
1864年創業以来
アメリカ最古の歴史を誇る
ラインコーヒー。
そのライオンコーヒーより
独自の製法でハワイを感じる
フレーバーコーヒーが出来上がりました。
 
 
中でも人気の《バニラマカダミア》
こちらはそのままブラックでいただいても
とても飲みやすく、甘い香り、
ナッツの香ばしい香りに癒されます。
 
 
そのライオンコーヒーの
《バニラマカダミア》フレーバーは
◎Classic(クラシック)
*Antioxidant (アンチオキシダント)
◉Decaf(デカフェ)
の3種類。
 
 
今回はそれぞれの特徴と違いを
ご紹介します。
 

 
◎Classic(クラシック)
開封すると同時に甘い香りに包まれます。
そして、ドリップが始まるとさらに
バニラにナッツの香ばしい香りが加わります。
心地よい甘い香りが部屋中に広がり
アロマ効果は抜群です。
 
 
日本にいながらハワイの香りを楽しめる
まさに人気No.1のフレーバーコーヒーです。
 
 
*Antioxidant (アンチオキシダント)
ライオンコーヒー独自の製法により
コーヒーチェリーから抽出された
ポリフェノールを豊富に含んでいます。
 
 
100%ナチュラルな※
抗酸化成分を含むコーヒーです。
※『抗酸化物質』は
老化などの原因と言われている
活性酸素を吸収する働きがあるといわれ
病気予防にも役立つとして注目されています。
このコーヒー一杯に含まれる抗酸化成分は
1日の摂取量(米農務省推奨)の約2倍が
含まれています。
 
 
◉Decaf(デカフェ)
日本ではあまり定着していない
カフェインレスのコーヒーですが
アメリカでは一般的に受け入れらています。
 
 
◉デカフェは「カフェインレス」で
カフェインを90%以上カットしたもの。
「ノンカフェイン」ではありません。
 
ライオンコーヒーのデカフェは
水だけでカフェインを除去する
スイスウォータープロセスを用いた
99.9%カフェインレスのコーヒーです。
 
 
カフェインレスでも
コクをしっかり感じるコーヒーです。
 
※『カフェイン』は
中枢神経を興奮させる作用があり、
体調維持を妨げることもあるので
就寝前や妊娠中には
摂取しない方が良いといわれています。
 
飲み比べてみました
 
 
◎Classic(クラシック)
【香り•フレーバー】
封を開けた時から甘い香りが漂いアロマ効果は抜群。
ドリップをはじめると部屋中に広がるほどの香り
【酸味】
微量な爽やかな酸味
【コク】
甘い香りでほのかな酸味とバランス。
ブラックでもとても飲みやすい。
 
 
*Antioxidant (アンチオキシダント)
【香り•フレーバー】
ドリップ中は通常のコーヒーの良い香り。
ほのかに甘い香り。
【酸味】
フルーティーな酸味
【コク】
酸味、苦味のバランスが良い
 


◉Decaf(デカフェ)
【香り•フレーバー】
ドリップを始めてしばらくすると
微量でありながら甘い香り
【酸味】
軽く爽やかな酸味
【コク】
カフェインレスでもしっかり。
優しい酸味と苦味
 
 

⌘ 大好きなライオンコーヒー
 
ドリップをしていると
部屋に甘い香りが立ち込めるのは
ハワイで買ってきた時だけでした。
 
日本で購入する事ができても
ここまでフレーバーが
保持されているものに出会えないので
今回はアロマ効果もあり
大変満足しました。
 
ハワイへ行けない今、
直接届けられる物だからこそ
味わえる貴重な体験でした。
 
 
⌘ まとめ⌘
ハワイの甘い香りを充分に楽しみたい時は
クラシックのフレーバーを。
 
毎日の健康に気をつけ
体に良いものを取り入れたい時は
アンチオキシダントを。

カフェインを取りたくない時や
夜でも安心していただけるのはデカフェ。

日本にいながら
自分に合ったコーヒーを選べるのは
嬉しいですね。
 
また、
 アンチオキシダント、
デカフェは
日本では入手困難ですので
一緒に購入できるのも
とても有り難いと思いました。
 
Written by Bitsu
------------------------------------------------------------
    

コメントを残す