Taste of Hawai'i: File No.039 KONA COFFEE飲み比べ -Hawaii Coffee Company編 by Jack Amano

もう長くハワイに行けず、

底ついてしまっているハワイ産のコーヒーを

今回モニターさせて頂くことになりました。

届いた箱を開けただけでハワイの雰囲気と

香ばしいコーヒーの香りに包まれました、

幸せ。


コナコーヒーは

ブルーマウンテン、

キリマンジャロと並んで

世界3大コーヒーのひとつと呼ばれていますが、

生産量は世界のたった0.1%程度であり、

希少価値の高いコーヒーです。

今回モニターの3種類とも、実は

Hawaii Coffee Company(ハワイコーヒーカンパニー)

の工場で製造されています。


① ROYAL KONA 100% KONA Coffee

1968年に創立され、コナコーヒーについて

40年以上手掛けた知識と実績があります。

メーカーはライオンコーヒーと同じ

ハワイコーヒーカンパニー、

2000年にライオンコーヒーと

パートナーシップを結んだ

兄弟ブランドです。


ロイヤル・コナ・コーヒーは、

100%ピュアなコナコーヒーで風味が良くて

美味しいと評判があります。

その実、配達された段ボール箱を置けると、

このパッケージから一番袋からも

香ばしい香りが漂っていました。

輝かしいゴールドのパッケージ(写真が撮りにくい)に

エアーを抜いて豆がピチピチに詰まっています。



②LION 100% KONA Coffee

ハワイ土産としても大変人気のあるライオンコーヒー

140年以上の歴史を持つ老舗メーカーであり、

選りすぐられたコーヒー豆を念入りに焙煎して

使用したコナコーヒー100%の豆です。


この100%コナコーヒーも、ミディアムローストの焙煎で

程よい酸味が口に広がり飲み際に残る

やさしい甘味がいい感じとのことです。

見てるだけでウキウキ、ほれぼれするコナ100%、

写真撮影の時もどこかしら袋の隙間から

香ばしい香りが漂ってきます。



③LION ORIGINAL ROST

2018年5月に工場をリニューアルをし、

トレードマークのライオンのデザインも

このように新しくなりました。

カリヒにあるライオンコーヒーの

工場兼直営店でも当然購入できます。


ライオンコーヒーは、

アメリカ本土のオハイオ州で1864年に産声をあげ

このトレードマークは、創業者が

「百獣の王ライオンのようになりたい」

という想いでつけたそうです。


粉の状態なのでペーパーフィルターを用いれば、

お湯をそそぐだけですぐに頂けます。

パッケージにLIONのロゴの入ったクリップ

が付いていて、使ったら

折り目を進めて行きクリップで止めておける

心使いが有難いです。



①と②の二つは豆でしたので、比べてみました。


豆の2つを袋とお皿で写真撮影。

焙煎の状態はどちらもミディアムローストで

均一に焙煎出来ています。

比較すると① ROYAL KONAの方が

より均一にローストできていました

(あくまで比較です)。


豆自体の大きさは、

大粒でばらつきも均一で、

良く見かけるような割れ・焼け焦げも

あまり入っていません。


比較するとどちらも粒ぞろいの豆が多く

つやつやしています。

同じ100% KONAのはずなのに

少し農場がことなるのか

微妙な差があります

(どちらが良いというのではありません)


同じ条件で比較するため、

自動のミル付きのコーヒーメーカーで

浄水器を使った水道水で作ってみました。

コーヒーカップ2杯分に

それぞれ豆を同じ量20g入れて

写真のような使い慣れた自動コーヒーメーカーで

淹れて飲んでみました。


① ROYAL KONA 100% KONA Coffee

ミルの粗さ 細(普段と一緒)

香り

挽く前:かすかにコーヒーを感じる

挽いてから:一気に香りが広がりる

淹れてから :鼻が慣れたのか、香気が少し弱くなります

飲んだ印象 :苦みが少しある 酸味が弱い

コクは中程度 甘味わずかに感じられます

コーヒーとしてのおいしさは、ハワイを感じさせます。


会社の友人にも半分持って帰ってもらい

3種類飲んで頂きました。

その友人もおおむね同じ評価・印象です。

残念なことに今回のは、

口の中でほんの少し渋みが残ります

コロナ禍で輸入に時間が掛かったためでしょうか 。

豆の状態があまりよくなかったのかもしれません。

少し疑問です。

いつもは、もっと美味しい(はずですが)。



②LION 100% KONA Coffee

粗さ 細(普段と一緒)

香り  

豆:挽く前:少ない

挽いてから:コーヒーを感じる

淹れてから : 香気は少なめです

飲んだ印象 : 苦み中くらい、酸味も中くらい

コクは中程度、甘味わずかに感じられ香りは少ない

ところが、コーヒーの味のバランスが良く、コナの特徴があります。

このバランスは、いい意味で少し驚きです、

さすがLION 100% KONA と言ったところです。



③LION ORIGINAL ROST

粗さ 既にコーヒー粉なので(見た目)細

香り  粉:微か

淹れてから:極微か

飲んだ印象  苦みが強い、酸味は感じない。

コクは中程度ですが甘味は感じません。

よくあるハワイのコーヒーと言う感じです。

美味しいコーヒーを飲みたいという時には

少し物足りないかも知れませんが

手軽にハワイを感じるならお勧めです。

このライオンの赤いパッケージを眺めながら

ワイキキビーチのインスタやYoutubeを見るには

適した味と価格のバランス品です。



味への工夫

ミルは粉の細かさを写真の様に

フィルターサイズを変えることで

細目と中細との2種類で変更できます。

そこで、ミルのフィルターサイズを

「中細」に変えて飲み比べてみました。


すると、

先に感じた渋みがぐっと抑えられ、

苦みも当然まろやかになります。

また、コーヒー豆本来の甘みも

少し増すように感じられます。


これは、①と②の

どちらの豆についても言えることです。

どちらがお好みかは、飲まれる方にも寄るでしょうが、

ミルのグラインド・サイズを中細にして

少し多い目の豆で贅沢に頂くのが私のお勧めです。


コナコーヒーは飲みやすい味が特徴です。

いろいろ厳しめに述べましたが、

十分美味しいいコーヒです。

苦みが少なく、口に含むと

柔らかな酸味が広がるコナコーヒーは、

モーニングからランチ、

そしてディナーまで、

さまざまなシーンで楽しむことができます。


こぼれ話

3つのコーヒーの賞味期限のことですが

パッケージに記載があり、それぞれ

①20年12月


②21年 6月


③21年 6月

になってました。


製造日はわかりませんが、

コーヒー好きの常識からいえば大変長い期間です。

①ROYAL KONAの12月までが常識的ですが

こちらは、逆に

日本までに時間がかかっていたためとも考えられます。

②と③の 来年までとなると、

やはりこれらの商品はお土産用

と言うことになるのでしょうか。


わたくしのコナ・コーヒー探しの旅はまだまだ続きます。

ともあれ、ハワイの風に吹かれたような香りに包まれて

リラックスした時間を楽しむにはお勧めの商品です。


Written by Jack Amano

コメントを残す